ブログ

いつもすみません。

今日も大変多くのお客さんにご来店いただきありがとうございました。

うち、そんなに大きな店じゃないので、週末のお昼時は満席になることが多く、

今日も何組ものお客さんをお待たせしてしまい申し訳ございません。

 

いろいろ工夫したりもしているんですが、さらに少しでも速くお料理を提供できるよう、

これからもがんばっていきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

写真、あります。

こんばんは、お世話になっています。

ご来店いただいているお客様はご覧になっていると思うんですが、

うちの店、店内に数々の写真、飾っています。

ホールには移転前、公園市場時代の当店のモノクロ写真を額に入れて

飾ってあります。これはずっと同じものを掲示しています。

で、目玉はこれらじゃなくて、カウンター内の写真ですね。

カウンター内、たとえば、ショットバーとかスナックとかだったら

さまざまなお酒が並んでいるだろうと思われる棚を、

うちは引き戸でおおっちゃっているんですけど、そのカウンター内の

引き戸に、これは額に入れずに写真を貼り付けてあります。

この写真は私があちらこちらに行って撮影したものを引き伸ばして

貼ってあります。これがなかなか好評。

今、展示しているのはオーロラを撮った写真です。

正月にカナダ、イエローナイフに行って撮って来ました。

簡単に言っちゃいましたけど、

 

オーロラ、なかなか見れないでしょ。

 

来週からはそれに加えてナイアガラの滝の写真を展示します。

これもご来店の楽しみのひとつにしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

立春なれど春遠からじ

こんばんは、お世話になっています。

今日は20何年ぶりだか30何年ぶりだかの、

立春にして満月の夜なんだそうで。

しかし、残念。

満月なのかもしれないけれど、かさがかかっていて、

そんな状況なので肝心の満月も、ぼやけてしまって。

 

月にかさ、で、明日の朝は雨かなと思いきや、

雪が降るらしい。

まあ、たいしたことはないんだろうけど、

朝、寒いんだろうな。

起きるの、つらいんですよね。

まあ、がんばりましょう。

インフルエンザも流行っているみたいなので

気をつけないと。

それではまた。

 

 

全席禁煙について

こんばんは、お世話になっています。

えー、禁煙ですね。

これはずいぶん前より考えていたことなんですね。

私も昔は大変なヘビースモーカーだったこともあり、

愛煙家の方の気持ちもよく理解できるつもりでいます。

しかし、度重なる煙草の煙にたいする苦情と

お子様連れの家族が食事をしている隣の席で

いい大人が平気な顔で煙草をふかしていたり、

カウンターで食事をしているお客さんのとなりにすわり、

いきなり煙草に火をつけて吸い始めるといった情けない情景

を何度も見せ付けられるにいたって

店内の禁煙を決意しました。

それほど大きな店でもないので分煙というのはありえないと思い、

全席禁煙とさせていただきました。

ご協力お願いします。

 

 

全席禁煙

いつもありがとうございます。

本日より店内、全席禁煙とさせていただきます。

ご協力よろしくお願いします。

おいしい餃子の調理法

せっかくうちで生餃子をお買い上げしていただいたんですから

ぜひおいしく召し上がってくださいね。

1.まずは、鍋・フライパンを強火でよく焼きます。

あせらず煙が出るくらいまで火にかけたまま待ちます。

これをしておかないと餃子の底が鍋に焦げ付いてダメに

なってしまうのでちゃんと待ちましょう。

2.鍋・フライパンが十分加熱されたら、油を適量敷きます。

テフロン加工された鍋の場合はそこまで過熱せず、 また、

少量の油で大丈夫です。

3. 餃子をなるべく触れ合わないようにならべます。

ここで鍋(フライパン)付近が熱くなりすぎ、餃子をならべ

づらいようでしたら一旦火から鍋(フライパン)を火からはずして

ならべ、並べ終えたらまた強火にもどしてください。

4. 水を餃子の1/4程度のところまで入れ、フタをします。

フタをしたらそのままじっと待ちます。

5.鍋の中に水分がなくなりジリジリという音が聞こえてきたら

もう焼き上がりです。

鍋が熱く焼けているうちに、フライ返しなどでお皿に

餃子を盛り込みます。

 

うちの焼きそば麺の調理法

今さらながら、で、すみません。

そういえば、これをお伝えしてませんでした。

県外からもお買い求めいただいているほど好評のうちの焼きそば麺

(なんかいやらしいな、この物言い)も調理法を間違えちゃうと、そこいらで

売られている麺で作った焼きそばと大差ない代物になってしまいます。

そこで、おすすめの作り方をお伝えします。

1.お買い求めいただいた麺、かたまりになっていることがあるので、よくほぐしておきます。

  豚肉切り落としはあらかじめさっとゆでて加熱済みの状態にしておきます。

2.フライパンを火にかけます。強火でOK。十分熱くなってからフライパンに油をひきます。

  ここでフライパンがちゃんと熱くなってないまま油をひくと焦げ付きの原因になります。

  フライパンに油をなじませたら、いったん火を止めます。

3.そのまま1分待って、再び火をつけます。これも強火。で、フライパンからうっすらと

  煙があがったら、1.の焼きそば麺、投入、すかさず、焦げ付かないようにかきまぜます。

  そう、まず、麺を炒めるんです。

4.続いて同じく1.の加熱済み豚肉切り落とし、あと雑に切った千切りキャベツを加えて

 よく炒めます。ここで注意しなければいけないのは、フライパンで炒めている間は水だの

 ソースだの、水分は加えないことです。ここで水分を加えると、麺が蒸されてうちの麺の最大の特徴であ

 る麺のこし、歯ごたえ、のどごしがすべてスポイルされてしまうのです。

5.あとはキャベツがしんなりしかけたぐらいで火からおろし、皿に盛ります。

 で、その皿に盛った後にソースはかけてください。

以上、うちの麺を使った焼きそばのおいしい調理法でした。

 

 

 

またまたテイクアウトについて

またまたHPの補足です。

HPのテイクアウト・お持ち帰りメニューの

〇調理済みのメニューが

焼きそば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥350

チャーハン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥400

焼き餃子 (タレ付き10個)・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥240

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・となっています。

これじゃあ説明不足なので

ちゃんと全部記しますと

焼きそば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥350

焼きそば 大盛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥400

チャーハン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥400

チャーハン 大盛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥450

焼き餃子 (10個)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥240

*焼き餃子はタレ付です。20個からタレ、ラー油つきです。

・・・・・・・・・・・・ となります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます。

皆様、年末年始はいかが過ごされました?

 

毎年思うんですが、速くないですか?この年末年始の10日間ぐらいの過ぎ行くスピードって。

クリスマスが終わったと思ったら、あっという間に元旦が押し寄せてきて、

もうちょっとのんびりしたいところなのに、気がついたら仕事始めみたいな。

 

まあ、なにはともあれ、今年もがんばりますので、

皆様、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

テイクアウト

テイクアウト、お持ち帰りについて、です。

HPの補足ですね。

 

調理品以外のお持ち帰り

焼きそばの麺、中華そばの麺、生餃子など、調理せずに包装するだけのものは、ご来店時にご注文いただいてもすぐお渡

しできます。

調理品のお持ち帰り

焼きそば、炒飯、焼き餃子など調理が必要な場合は、注文をお受けして、お渡しできるまで当然のことながら調理時間が

必要になるため、お待たせすることになってしまいます。

 

ですので、できれば、ご来店前にあらかじめ電話でご注文いただければ、お待たせすることなくお渡しできます。

 

特にご注文数が多い場合・・・たとえば焼きそば、又は炒飯が5人前以上、とか焼き餃子40個以上とかいう場合、

そして土、日曜日のお昼時のご注文(この時間帯はお店も大変混み合い、調理場も追われっぱなしになるので)の

場合などはぜひ、あらかじめ電話での注文をお願いします。

▲TOPへ